ダイエットを始める前に腸内環境を整える

ダイエット

ダイエットを始める前に体調を十分整える必要がある。それは

腸内細菌とは、ヒトや動物の腸に住んでヒトや動物と共生している細菌のことです。腸内微生物あるいは腸内菌という事もあります。腸内細菌はヒト成人では100兆個、5百種以上、1kgもの重量に達するといわれ、未解明な部分も多いのですが、私達のあらゆる組織、生理機能に影響を及ばしており、私達が生きて行く上で重要な役割を担っていることが明らかになってきました。自然の森や林、草原を考えてみましょう。いくつかの植物が群れや集団[群落(集落)といいます。]になっています。このようにある範囲に植物が群落を形成している場合、生態学ではこれをフローラ(相あるいは叢)と言います。この類似性から腸内に形成された細菌の集落という生態学的な考え方をして、腸内フローラ、腸内細菌叢といいます。腸内細菌叢は腸内にある自然環境、人間の内なる自然環境であり、細菌同士が互いに作用しあい-定のバランスを保ち、一つ一つの細菌はこの自然環境の構成員となっていると考えられるわけです。この細菌とヒトとの関係は進化の過程を通じて獲得されたものと考えられ、ヒトの腸内に共生し棲息する菌は細かくみれば個人個人みな違いますが大きくみれば共通しておりヒトに固有な特殊な細菌群と考え常在菌あるいは常在性菌という用語も使われます。例えば腸内常在性菌あるいは腸内常在性乳酸菌と表現されることもあります。細菌とヒトとの間には様々な相互作用があり、また細菌間でも相互に作用しあい一定のバランスを保っているのですが、ヒトの健康状態が変われば腸内細菌の状態が変わり逆に腸内細菌の状態が変わればヒトの健康状態にも影響が及ぶという関係にあります。

腸内細菌はストレス、抗生物質、食品添加物等によって、ダメージを受け、乱れます。また、加齢とともに変化してゆきます。健康を保つため腸内細菌の良好な状態を保持することが重要です。このため、腸内常在性菌を摂取し健康に役立てようという考え方が生まれ、摂取する常在性菌はプロバイオティクスといわれます。腸内細菌はそれぞれに特性があり、腸の部位によって菌の種類や数が全く違っています。これは大変重要なことです。下図に健康なヒトの小腸と大腸における細菌の分布割合を示します。(左は小腸(空腸)、右は大腸です。)ラクトバチルス大腸菌その他ユーバクテリウムビフィズス菌ペプトコッカス酪酸菌・その他バクテロイデスエンテロコッカス-2 -消化、吸収の主要な場である小腸にはエンテロコッカスという乳酸菌が最も優勢に(多く)存在し、排泄の調整と再吸収の場である大腸付近及び大腸に至ると、菌の種類も変化し、ビフィズス菌も上位に存在していることがわかります。また、大腸での細菌の数(密度総数とも)は小腸より何万倍も多くなります。吸収、消化を担う重要な場である小腸で、最優勢に存在する乳酸菌エンテロコッカスは生理的に大変重要な働きをしているのではないかと推察されます。また、腸内の内容物は小腸から大腸へと流れてゆきます。小腸の細菌の状態が良ければ、大腸の状態も良好を保ちやすく、異常になってくれば、大腸にも影響が出てきます。こうしたことから、小腸の優勢菌の一つエンテロコッカス菌を経口的に摂ることの意義を求める研究がなされ多くの効果のあることがわかりました。エンテロコッカス菌は大変有効なプロバイオティクスとなり得るのです。

2.エンテロコッカス菌の生理的効果エンテロコッカス菌は乳酸菌の中では消化液や様々な物理的あるいは物理化学条件(温度、塩分、消化液、pH等)に対して、比較的強い耐性を示します。エンテロコッカス菌は分類学上古くはストレプトコッカス(連鎖球菌)の一部でしたが、現在は、独立してエンテロコッカス(腸球菌)という別の一群となっています。しかし、いまだに古い名前で使用されていることもあります。例えば、整腸薬としてよく知られているビオフェルミンには使用菌種としてフェーカリス菌と表記されています。分類学上はエンテロコッカス・フェシウムですが、従来からの一般名であるフェーカリス菌やストレプトコッカス・フェーカリス(Streptococcus faecalis)という古い分類名を用いています。エンテロコッカス属に分類される細菌の一部には弱いものの病原性を示すものがあるともいわれていますが、整腸薬や食品に使用されているエンテロコッカス属乳酸菌には病原性はまったくありません。エンテロコッカスやラクトバチルスは小腸の優勢菌ですが、血清コレステロールの高い人は便中エンテロコッカスやラクトバチルスの菌数レベルが低い傾向にあることが報告されています。そして、エンテロコッカス菌を経口摂取することによりコレステロールや中性脂肪など脂質代謝を正常に保持あるいは改善、動脈硬化の予防、肝臓、腎臓の健康保持、アレルギー症状の軽減、体力増強などに役立つことがわかってきました